コンサルタント

メリットの多いひかり電話|ネット回線とセットで料金の管理

購入より借りるメリット

電話とレディ

初期費用がかからない

ビジネスフォンは、リースを利用して借りることができます。リースにする一番のメリットは、電話機を購入するときのような初期費用がかからないことです。メーカーの最新機種を選ぶことも可能です。契約の途中でほかの機種との交換が可能な場合などは、常に最新の機種を使うことができるでしょう。ビジネスフォンをリース契約するには、審査が必要になります。審査の際に、登記簿謄本や会社の決算書の提出などが求められます。なお、リースの費用については、経費として落とすことができます。ただし、リースの期間は長期間となりますから、契約の際にはリース会社の説明をよく聞き、疑問に思う点を質問して、納得してから導入するようにしてください。

メンテナンスの費用

ビジネスフォンをリースする場合に気をつけたいのは、メンテナンスの費用です。故障した場合に、修理費用がかかります。また、新しいものに交換できるかどうかについても確認しておきましょう。このとき、確認したいのは、メーカーやリース会社の保証期間です。保証期間内であれば、無料で修理できるでしょう。保証期間が切れると有料になりますから、契約の際に保証期間についてご確認ください。保証期間が長い方が得かどうかは、契約内容によります。メンテナンスの費用が高くなってしまう場合があるので、確認しておかれた方がよいでしょう。なお、ビジネスフォンのリース期間が終わった場合に、返済義務があります。所有権は、最後までリース会社となります。